auの学割について〜2019年の学割〜

auの2019年の学割は「auゼロ学割」!0円で使えるかも!?

大手の携帯電話会社は、年末から翌年の春まで学割キャンペーンを実施しています。
学割キャンペーンの内容は毎年違っていて、キャリアごとにお得度も異なります。

 

ここでは、auとソフトバンク、ドコモが2019年に実施する学割の内容を解説していきます。
学割を受けたいと思っている人は参考にしてくださいね。

 

 

1.auの学割2019「auゼロ学割」「家族冬トク」「iPhoneサンクスキャンペーン」

auが2019年に展開する学割は以下の3種類です。

 

  • auゼロ学割
  • フラット学割 5/20
  • Netflixプラン学割

 

上記の学割は、スマホの契約者か利用者が25歳未満であれば適用できます。
また、学割を適用した人の家族も同じ割引が受けられます。

 

 

1-1.auゼロ学割

auゼロ学割は「auピタットプラン」に加入すると適用されます。
auピタットプランはauの格安SIM対抗プランで、利用したデータ量が少ないほど月額料金が安くなるお得なサービスです。

 

 

auとソフトバンクとドコモの学割2019[各社の学割を比較してみた]
※auピタットプランの利用料金のイメージ。

 

auゼロ学割を適用すれば、3ヵ月間に渡って月額料金が1,980円割引されます。
さらに、新規契約や機種変更をするときに新たにauピタットプランに加入すると、「スマホ応援割」による1,000円の割引が1年間適用されます。

 

「auゼロ学割とスマホ応援割を適用した場合の月額料金」

利用データ量 1GBまで 2GBまで 3GBまで 5GBまで 5GB以上20GB未満
初月 日割り 日割り 日割り 日割り 日割り
2〜4ヶ月目 500円 1,500円 2,500円 3,500円 4,500円
5〜12ヶ月目 2,480円 3,480円 4,480円 5,480円 6,480円
13ヶ月目以降 3,480円 4,480円 5,480円 6,480円 7,480円

※スーパーカケホに加入した場合の月額料金です。

 

auスマートバリューを適用して消費したデータ量が1GB以下であれば、3ヵ月間の月額が0円になる点も魅力です。

 

ただ、auピタットプランではインターネットを使う量が増えるほど月額が高くなるので、頻繁に動画を見る人にはおすすめできません。

 

1-2.フラット学割5/20

フラット学割5とフラット学割20は、auフラットプラン5とauフラットプラン20に加入して適用できる学割です。
auフラットプラン5は毎月5GBまで、auフラットプラン20は毎月20GBまで利用できるプランです。

 

フラット学割5とフラット学割20を適用すれば、最初の3ヶ月間に月額料金が2,020円割引されます。
また、スマホ応援割による1,000円割引も1年間受けられます。

 

「auフラット学割5/20とスマホ応援割を適用した場合の月額料金」

プラン auフラットプラン5 auフラットプラン20
初月 日割り 日割り
2〜4ヶ月目 1,980円 2,980円
5〜12ヶ月目 4,000円 5,000円
13ヶ月目以降 5,000円 6,000円

※スーパーカケホに加入した場合の月額料金です。

 

毎月利用するデータ量が5GBを超える見込みがあれば、フラット学割5やフラット学割20を適用できるプランへ加入したほうがお得です。

 

 

1-3.Netflixプラン学割

Netflixプラン学割はauフラットプラン25 Netflixパックに加入すれば適用できる割引です。
auフラットプラン25 Netflixパックとは毎月利用できるデータが25GBとなっていて、月額動画配信サービスのNetflixとビデオパスも視聴できるプランです。

 

Netflixプラン学割を適用すると、auフラットプラン25 Netflixパックの月額が3ヵ月間に渡って2,020円割引されます。
Netflixプラン学割でもスマホ応援割による1年間1,000円割引が併用できます。

 

 

「Netflixプラン学割とスマホ応援割を適用した場合の月額料金」

契約してからの期間 月額料金
初月 日割り
2〜4ヶ月目 4,480円
5〜12ヶ月目 6,800円
13ヶ月目以降 8,000円

※スーパーカケホに加入した場合の月額料金です。

 

さすがに他のプランと比べると月額は高いですが、動画サイトを頻繁に視聴する人や月額動画配信サービスを利用したい人に向いています。

 

 

 

1-4.「家族冬トク」や「iPhoneサンクスキャンペーン」と併用できる

2019年のauの学割は、「家族冬トク」や「iPhoneサンクスキャンペーン」との併用ができます。

 

家族冬トクは2人以上の家族が対象機種へ買い換えるか、機種変更をしたときに家族がauに乗り換えればキャッシュバックがもらえるキャンペーンです。
家族で機種変更すれば1台ごとに5,000円のキャッシュバックが、機種変更をするときに家族がauに乗り換えると紹介した人に5,000円のキャッシュバックが付与されます。

 

 

auとソフトバンクとドコモの学割2019[各社の学割を比較してみた]

 

 

機種変更したときにキャッシュバックの付与対象になるモデルは以下の通りです。

 

「家族冬トク対象機種」
Android・・・Xperia XZ3、Galaxy Note9、AQUOS sense2、LG it、Xperia XZ2、Xperia XZ2 Premium、Galaxy S9+、Galaxy S9、AQUOS R2、HUAWEI P20 lite、BASIO3
※iPhoneは基本的にiPhone全般

 

iPhoneからiPhoneへ機種変更する場合であれば、「iPhoneサンクスキャンペーン」が適用されて端末代金が10,000円割引されます。

 

 

 

 

 

2.ソフトバンクの学割2019「学割放題」

ソフトバンクの「学割放題」もスマホの利用者や契約者が25歳未満であれば適用できますが、一言で表すと「月額基本料を三か月割引」なのでお得度が高くありません。

 

学割放題で受けられる割引は、利用するプランを「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」のどちらにするかで変わります。

 

ウルトラギガモンスター+に加入した場合は、3ヵ月間に4,500円の割引が入ります。
ミニモンスターに加入した場合は、3ヵ月間に2,980円の割引が入ります。
割引金額は低くないですが、適用期間が3ヶ月だけだとお得感が弱いと思いますよね?

 

ウルトラギガモンスター+とミニモンスターに加入すれば、「1年おトク割」による1,000円割引との併用ができますが、学割の適用期間が過ぎた場合の月額は高く感じます。

 

「学割放題と1年おトク割適用時の月額料金」

プラン ウルトラギガモンスター+ ミニモンスター
2〜4ヶ月目 1,980円 0円〜
5〜12ヶ月目 6,480円 2,980円〜
13ヶ月目以降 7,480円 3,980円〜

※通話基本プラン(2年契約)に加入した場合の月額です。

 

上記の表を見て「ミニモンスターにすれば学割がなくなっても安い」と思うかもしれませんが、ミニモンスターはインターネットの利用量が増えるほど料金が高くなるプランなので、インターネットを使う頻度が低い人にしか向いていません。

 

 

「ミニモンスターのデータ消費量別の利用料金」

1GBまで 2GBまで 3GB以上4GB 5GBまで
2〜4ヶ月目 0円 2,000円 3,500円 4,500円
5〜12ヶ月目 2,980円 4,980円 6,480円 7,480円
13ヶ月目以降 3,980円 5,980円 7,480円 8,480円

※通話基本プラン(2年契約)に加入した場合の月額です。

 

ソフトバンクが2019年に展開する学割は「対象なら受けておく」程度の内容でしょう。
あえて今年は契約せずに、来年に賭けるというのもありかもしれません。

 

 

 

 

3.ドコモの学割2019

2019年にドコモが展開する学割は、スマホの契約者か利用者が25歳未満であれば適用できます。

 

ドコモの学割を適用すると、1年間にわたって月額料金が1,500円安くなります。
学割を適用するスマホがシェアパックの子回線であれば、1年間の月額が280円になるのでお得感は高めです。

 

 

auとソフトバンクとドコモの学割2019[各社の学割を比較してみた]

 

 

シェアパックの子回線になれなくても1年間に1,500円の割引が受けられるのは大きいので、ドコモの学割は検討する価値があります。

 

「シェアパック未加入時にドコモの学割を適用した月額料金」

プラン ドコモの学割適用 従来の料金
ベーシックパック

20GBまで:6,780円
5GBまで:4,780円
3GBまで:3,780円
1GBまで:2,680円

20GBまで:8,280円
5GBまで:6,280円
3GBまで:5,280円
1GBまで:4,180円

ウルトラデータLLパック(30GB) 7,780円 9,280円
ウルトラデータLパック(20GB) 5,780円 7,280円

※シンプルプランに加入した場合の月額です。

 

さらに、ドコモの学割を適用したスマホが家族のシェアグループに加入すれば、家族全員に2,500ptものdポイントがもらえます。
2月1日までにドコモの学割を申込んで家族のシェアグループに加入すれば、早期特典として1人あたりが貰えるdポイントが1,000pt増量します。

 

 

auとソフトバンクとドコモの学割2019[各社の学割を比較してみた]

 

 

すでにドコモでシェアグループを組んでいる人や、ドコモへの乗り換えを検討している人なら、ドコモの学割に注目する価値があります。

 

 

 

 

4.まとめ

2019年の学割は併用できる他のキャンペーンが豊富なauと、割引が1年間受けられるドコモにお得感を感じます。
ソフトバンクは併用できるキャンペーンがなく、割引が受けられる期間は3ヶ月だけなのでauやドコモと比べると見劣りします。

 

ただ、他社からソフトバンクに乗り換えると、ショップを運営する代理店独自のキャンペーンが受けられる場合があります。
auやドコモから他のキャリアへ乗り換えて学割を受けるときは、念のためソフトバンクショップでも見積もりを出してもらってください。

 

 

 

関連ページ

auスマホのおすすめ人気機種
auスマホのおすすめ人気機種は、アンドロイドだと、Xperia Z4 SOV31、あとは定番ですがiPhoneシリーズでしょう。
auスマホを修理したい時の対処法
auスマホを修理したい時には、どうすればよいかというと、一番簡単なのは、最寄りのauショップに電話機を持込み、預かり修理を依頼することです。
auスマホを紛失した時の対応法
auスマホを紛失した時の対応法は、どのようにすればいいのでしょう。auスマホを紛失した時は、とにかく慌てないことです。
auケータイを解約した時の違約金とは?
auケータイを解約した時の違約金は、かなり高くつきます。ケータイは2年単位の継続契約になるので、契約期間中に解約した場合、誰でも割の加入年数に関係なく、契約解除料として違約金9,500円が発生します。