auケータイを解約した時の違約金

auケータイを解約した時の違約金とは?

 

auケータイを解約した時の違約金は、かなり高くつきます。ケータイは2年単位の継続契約になるので、契約期間中に解約した場合、誰でも割の加入年数に関係なく、契約解除料として違約金9,500円が発生します。

 

契約解除料は、手続きの翌月の請求書に合算して請求されます。解約時に発生する違約金については、貯まったポイントを利用することはできないので注意が必要です。誰でも割や年割などの年契約型割引サービスの契約解除料については、ポイントは利用できません。auケータイの解約で注意すべきポイントは、違約金のかからないタイミングで解約することです。

 

解約する場合、タイミングを図ることで違約金がかからなくなります。auケータイの解約方法は、気をつけないと契約更新月に解約したとしても余計な金額を支払うことになります。そのため、事前に解約準備をしておく必要があります。ベストな解約のタイミングは、契約更新月の初日に契約を解約することです。契約更新月の初日に解約すると、解約当月の料金が無料になります。LTEフラットは月の途中で解約しても1ヶ月分が請求されるのですが、契約更新月の初日に解約すれば、LTEフラットも料金が発生しません。

 

 

auひかりの解約手数料

auひかりの場合も携帯・スマホと同じように解約違約金が発生します。違約金とは言わず、「契約解除料」と呼ばれているようです、。プランによって契約解除料は異なります。

ギガ得プラン(2年縛り)・・契約解除料9500円

 

ずっとギガ得プラン(3年縛り)・・契約解除料15000円

 

最近では、「乗り換え割引」なるものをどの会社も導入してますので他社から乗り換えた場合の違約金を新しいサービスの会社が払ってくれるキャンペーンも存在します。

 

例えば、フレッツ光を辞めてauひかりに乗り換えた場合、乗り換えサポート割引というキャンペーンがあります。フレッツ光で15000円の違約金がかかったとして、その支払明細をauひかりに伝えると違約金分でかかった負担をキャッシュバックしてくれるわけです。これらは通常のキャンペーンとは別の物なので併用することもできます。ただ、乗り換えサポート還元を利用する場合は、ひかり電話に加入することがマストなので、その点は考えておいた方が良いでしょう。

関連ページ

auスマホのおすすめ人気機種
auスマホのおすすめ人気機種は、アンドロイドだと、Xperia Z4 SOV31、あとは定番ですがiPhoneシリーズでしょう。
auスマホを修理したい時の対処法
auスマホを修理したい時には、どうすればよいかというと、一番簡単なのは、最寄りのauショップに電話機を持込み、預かり修理を依頼することです。
auスマホを紛失した時の対応法
auスマホを紛失した時の対応法は、どのようにすればいいのでしょう。auスマホを紛失した時は、とにかく慌てないことです。