auでんきが始まる!

話題のauでんき

2016年4月から、家庭向け電力の販売の自由化がスタートします。簡単に言うと、今までは家庭向けの電気は、東京電力や九州電力など「電力会社」にしか販売が許可されていなかったのですが、2016年4月からはその他の企業も参入できることになったのです。

 

携帯会社からは、auとソフトバンクが名乗りを上げ、携帯&インターネット&でんき、の3つをセットで申し込むと「セット割」が適用される、というサービスを計画中です。両社とも、今でも携帯&インターネットのセット割りは行っていますが、ここに「でんき」が加わるとさらに毎月数百円の節約になり、1年では結構な金額になるでしょう。

 

いくら大手のKDDIとはいえ、新規参入したばかりの企業が安定した電気を提供できるの??と不安に思われる方もいるでしょう。
そこらへんは心配ないようです。発電所から家庭に電力を送る設備などは既存のものを利用するなど、実際はほとんど何も変わらないようです。請求書の送り先が変わる程度です。

 

auでんきの登場で、auひかり&でんきのセット割でさらにお得!

 

マンションの場合は、状況によって異なります。
ネットと同じように、マンション全体が一つの電力会社と契約している場合には、マンション全体の方針になりますので、管理組合に確認する必要があります。
一方で、各家庭が個別に電気の契約をしている場合は、個別に電力会社を選ぶことができます。

 

au電気の場合は、使用量によって割引率が変わってくる予定です。
5000円未満の場合は1%キャッシュバックですので、電気料金が4000円の場合は40円の割引となります。8000円以上の場合は5%になり、400円〜となります。
一人暮らしの場合はあまり大きな金額にならないかもしれませんが、家族住まいで夏や冬など電力の消費が多い場合は大きな金額になりそうですね