auひかりの撤去費をキャンペーンの利用で実質0円にする方法

auひかりの撤去費の実態|高額な撤去費の対処法を学ぼう!

auひかりを運営するKDDIでは、auひかりを解約すると同時にこれまで利用してきたインターネット設備を撤去するよう義務付けています。

 

ただし、全員が全員撤去工事が必要というわけではなく、ある条件を満たした人だけが撤去工事をしなければなりません。もちろん撤去工事がかかるとなると、撤去費がかかってしまい、解約時の注意点として念頭に入れて置かなければなりません。

 

そんな今回は、auひかりの撤去費が課せられる条件をはじめ、撤去費を無料する方法についても詳しく解説します。

 

 

 

auひかりの撤去費「28,800円」がかかる条件とは?

KDDIでは、auひかりの撤去費がかかる人の条件を以下のように設定しています。

 

  1. 2018年3月1日以降に「auひかり ホームタイプ」に申し込んだ方
  2. 「auひかり ホーム10ギガ」もしくは「auひかり ホーム5ギガ」に申し込んでいる方

 

上のどちらかの条件に当てはまる人は、解約時に撤去費がかかってしまいます。撤去費は28,800円となっており、開通時の工事費とほぼ変わらない費用となっています。

 

では、なぜKDDIが撤去工事を義務付けたかというと、それは解約後に残った設備に膨大な維持費がかかっていたからです。

 

これまでのauひかりでは解約と同時に撤去工事がなかったため、それまで住んでいた人の設備がそのまま残っている状態でした。そうなると、残ったままの設備を維持する費用がかかってしまいます。これらの費用をすべてKDDIが負担していました。

 

しかも、auひかりは全国規模のインターネット回線となっているため、解約後に使われていない設備が続々と増え、最終的にそれらの設備を維持するための維持費が膨大に膨れ上がったということです。

 

これらの問題を解決するため、KDDIは2018年3月1日以降にホームタイプで申し込んだ方限定に、解約後には撤去工事を行わせて、それと同時に撤去費を負担してもらうことになりました。※2018年3月1日以降にマンションタイプに申し込んだ方は対象外となります。

 

以上のように説明すると、auひかりに契約するかどうか悩んでしまう人もいらっしゃるかと思います。しかし、実はauひかりの撤去費が全くかからない方法があります。
以下の項目でその方法について詳しくご紹介していきます。

 

撤去費がかからない!安心して申込めるauひかり

 

 

 

auひかり撤去費を無料する方法は?

auひかり撤去費を無料にする方法は以下の2つです。

  • 引っ越し先でもauひかりを継続利用する
  • 代理店のキャンペーンを利用する

 

各方法について、以下の項目より詳しく解説していきます。

 

 

 

引っ越し先でもauひかりを継続利用する

引っ越しでやむを得ずauひかりを解約しなければならない場合、引っ越し先でauひかりを利用すれば、撤去費をかけずにそのまま利用できます。

 

また、引っ越し先でauひかりが使えなかったとしても、KDDIが提供する「au Wi-Fiルーター」を使っても撤去費はかかりません。「au Wi-Fi ルーター」は光回線とは異なり、開通工事が不要で、コンセント一つでインターネットに接続できるインターネット回線です。

 

ただし、引っ越し先でこれらのサービスを使わない場合は撤去費がかかってしまいますので、注意しておきましょう。

 

 

 

代理店のキャンペーンを利用する

もう一つの方法はauひかりを申し込む窓口として代理店を利用することです。公式サイトや家電量販店などauひかりの申し込み窓口はいくつかありますが、NNコミュニケーションズと呼ばれる代理店を経由して申し込みすると、解約時の撤去費を代理店が全て負担してくれます

 

撤去費が無料になる条件は以下の通りです。

 

1.auひかりの正規代理店「NNコミュニケーションズ」から申し込みを行う
2.auひかりのプロバイダをBIGLOBEにする
3.auひかり解約後、ビッグローブ光に乗り換える

 

以上3つの条件を満たせば、撤去費が全て免除になります。また、プロバイダをBIGLOBEにすれば最高50,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも同時に受け取れるので、万一の保険としてBIGLOBEにしておけば間違いないでしょう。

 

 

 

まとめ

auひかりのデメリットとして大きく取り上げられる「撤去費」ですが、全員が課せられる費用ではなく、一部の利用者だけが負担しなければなりません。

 

auひかりの撤去費がかかる条件を再度おさらいすると、2018年3月1日以降にホームタイプで申し込んだ方、もしくは高速サービス(ホーム 5ギガとホーム 10ギガ)を申し込んだ方のどちらかになります。

 

しかし、これらの条件に当てはまる利用者でも撤去費が無料になる方法さえ知っておけば、1円もかけずに解約することが可能です。ぜひ活用してみましょう。

 

 

上記で紹介したNNコミュニケーションズの詳細はこちらで特集しています。